コスモウォーター

コスモウォーターの水は硬水?

投稿日:

コスモウォーターは軟水、硬水?

普段飲んでいる飲料水は、その硬度によって「硬水」と「軟水」に大きく分けられます。

市販されているミネラルウォーターを試飲すると味にハッキリした違いがありますが、その味の差は「硬水なのか軟水なのか」によって生じることが大きいようです。

では、軟水と硬水の差はどこからくるのでしょう?

それは水自体の「硬度」の違い。水1リットルあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のことを指します。WHO(世界保健機関)が定めている基準によると、硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水ということです。

肝心の味の違いですが、カルシウムやマグネシウムを多く含んでいる硬水は、口当たりが重く、苦みがあるのが特徴。

一方、軟水は、まろやかな口当たりとサッパリした風味が特徴になっています。

ちなみに、日本で「天然水」として売られている水のほとんどは軟水。逆にヨーロッパや北米の場合は硬水が主流となっています。

なぜこういう違いができるかというと、大地を形成している地殻物質が異なるからです。

山に降った雪や雨水は地中にしみ込み、汚れやゴミは地層中で濾過されます。そして地層に存在するミネラルを吸い取って湧き出すのが天然水です。

日本は国土が狭いため、地層に浸透する時間が短くなります。一方、広大なヨーロッパや北米大陸では地層に接する時間がそれだけ長く、地層中のミネラルをたっぷりと溶かし込んだ水となります。

水の硬度というのは、その土地の食文化と密接に関連しているといわれます。肉がメインディッシュであるヨーロッパや北米ではどうしてもミネラルが不足しがち。そのため、硬水によって必要なミネラルを補っているのです。

コスモウォーターで提供されている水は、まろやかな美味しさを味わえる軟水。日本料理にもピッタリで、素材の味を引き立ててくれます。

コスモウォーターで扱っている水について

コスモウォーターで扱っている天然水は、「富士の響き」、「日田の誉」、「古都の天然水」の3種類。それぞれ安心して飲めるうえ、「おいしい」と好評を博しています。

以下、その採水地と成分を紹介します——

●富士の響き

・採水地……静岡県
・硬度……68
・pH……7.7
・カルシウム含有量……1.9mg
・マグネシウム含有量……0.52mg
・ナトリウム含有量……2.1mg
・カリウム含有量……0.36mg

●日田の誉

・採水地……大分県
・硬度……62
・pH……7
・カルシウム含有量……1.66mg
・マグネシウム含有量……0.48mg
・ナトリウム含有量……4.88mg
・カリウム含有量……0.8mg

●古都の天然水

・採水地……京都府
・硬度……30
・pH……6.9
・カルシウム含有量……0.8mg
・マグネシウム含有量……0.16mg
・ナトリウム含有量……0.97mg
・カリウム含有量……0.05mg

なお、これらの他に「RO水 プラスプレミアム」というものも提供されています。こちらは天然水ではないのですが、「圧倒的に安い」というメリットがあります。確かに天然水ほどの味わいはありませんが、大家族で毎日大量の水を使うというご家庭にはおすすめできます。

なお、コスモウォーターの水は後から変更可能なので、普段は3つの天然水のうちのどれかを使い、節約したい月だけ「プラスプレミアム」に変えるということもできます。

-コスモウォーター

Copyright© コスモウォーターの口コミNAVI , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.