コスモウォーター

コスモウォーター 入れ替えについて

更新日:

権威ある証

コスモウォーター「スマートプラス」の設置方法について

コスモウォーターは、扱っている3種類の天然水すべてが権威ある「モンドセレクション金賞」を受賞。2017年には天然水ウォーターサーバーの分野で売上がトップになりました。

その新型ウォーターサーバーである「スマートプラス」は、どこにでも設置できるコンパクトなデザイン性と、簡単に足元でボトル交換できるということで大人気に。

気になったので、さっそく注文してみることにしました。

まずサーバーの設置ですが、コスモウォーターではそのセッティングと梱包材の回収を運輸業者が行ってくれます。

サーバーの大きさは、高さ110センチ×幅30センチ×奥行34センチ。名
前の通り、非常にスマートなサイズ。

ここでサーバー設置場所について、注意点を述べてみましょう。

以下のような場所に置くのはおすすめできません——

・水平ではない不安定なところ
・湿気が多く、換気が悪いところ
・壁から15cm以内
・冷蔵庫やガスコンロなどの近く

また、じゅうたん、たたみ、塩化ビニールなどの上は避け、サーバー本体の下にも、板、ブロックなどを敷かないようにします。振動、騒音、感電が起こりやすくなりますし、火災の原因となりかねません。

セッティングが終わったところで必要となるのは、ボトルの設置作業です。

ここではボトルの交換作業とともに詳細を説明します。

ボトルの交換が必要となった場合、サーバー本体のボトル交換サインランプが点灯しますので、その時点で交換ボトルを用意します。スマートプラスでは、12リットルボトルを使っています。

「12リットルでは重たくて交換が大変では?」と思われるかもしれませんが、コスモウォーターはボトル交換が足元で行える設計になっているため、女性やお年寄りでも簡単にボトルを交換できます。

その手順ですが以下の通りです——

1)サーバー下部にある扉を開け、バスケットを引き出す

サーバーの下部の扉は、つまみを持ったまま開けられるようになっています。

最初の作業として、そこからボトルセット用のバスケットを取り出します。

なお、初回設置の時はボトルがセットされるところに黄色のキャップがはめられています。これがついたままだとボトルをセットしても扉が閉まりませんから、必ず外しておきましょう。

2)シールをはがして、交換用ボトルを取り出す

コスモウォーターの交換用ボトルは段ボール箱に1個だけ入っています。段ボール箱自体を横に倒し、そのままボトルを引き出せば、わざわざ重い思いをしてボトルを持ち上げる必要がありません。

ボトルを取り出したら、キャップについているシールもはがしておきましょう。

3)バスケットに交換用ボトルをセットする

ボトルセット用のバスケットを横に倒して、交換用ボトルの下にすべりこませます。その後でバスケットを起こせば、楽にセッティングが可能です。

ボトルのキャップが、バスケットのくぼみ部分にきちんとセットするようにして下さい。

4)バスケットをサーバーに戻す

ボトルがセットされたバスケットを荷台部分に乗せ、サーバーの奥まで差し込みます。

奥まできちんとボトルが入っていないと扉が閉まりません。しっかりと差し込みましょう。

ボトルセットが完了すると、稼働音が鳴ります。これはサーバーが自動的に注水口まで水を汲み上げている証拠。これでボトルのセット作業は終了です。

なお、初回の場合は、この後に電源プラグを入れるようにして下さい。
温水は約30分後、冷水は約60分後から飲むことができます。

-コスモウォーター

Copyright© コスモウォーターの口コミNAVI , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.